ふるさと納税 家電

長野県伊那市の家電取り扱いが2017年5月31日で終了します。
(NHK NEWS WEBより)

2017年4月1日の総務省見直し通知以降も、
10万円未満の家電製品は、資産性の高いものには当たらない
という独自基準を設けて家電取り扱いを続けてきました。
(液晶テレビ、デジタルカメラなどおよそ30品目)

これに対し高市総務大臣から、

「電機・電子機器は価格にかかわらず、返礼品としないよう求めていて、
 伊那市の対応は通知の趣旨にそぐわない

と指摘されたことから伊那市は再度検討を行い、今回の全面取り止めに至りました。

伊那市では現在も、

・ロボット掃除機RULO
・ハイビジョン液晶テレビ 32型
・JVCケンウッド 彩速ナビゲーション
・オリンパスカメラ
・スチーマーナノケア

などの人気家電をまだ取り扱っているので、

(公式)長野県伊那市

お目当ての返礼品があれば今月いっぱい手に入れることができます。

関連記事

プロフィール

30代の男性です。
2015年から寄付を始めました。

仕事の関係で上場企業のアイモバイルが運営する「ふるなび」の本部長さんと出会い、
おすすめの自治体や最新情報を教えてもらっています。

「実質2,000円で好きな返礼品がもらえる」
(控除上限額を満たせば)
という仕組みに魅力を感じています。

また国の施策であり利用者が増えることで、
返礼品やサービスがより充実していく期待感もありますので、情報をまとめています。

まだAmazonギフト券がもらえます

4年連続No1のさとふる

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

普通預金金利がメガバンクの100倍

みんなの最新ブログ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る